ガーリックバイタリティを発売している健康家族ってどういう所?

よくある質問

ガーリックバイタリティを販売している健康家族は、九州の鹿児島で1989年に創業した健康食品の通信販売会社です。

主に扱っているのは、健康補助食品、機能性表示食品、美容商品、水素関連商品、こだわりの食品と5つ種類の食品、商品を販売している会社です。取り扱っている商品は、薬局やディスカウントショップなどの店舗や健康食品店に置いてません。すべて通信販売のみになっています。

扱っている主な食品や商品について

健康補助食品として伝統にんにく卵黄、熟成黒酢にんにくがあって、特に伝統にんにく卵黄は2005年11月から発売されて10年以上の実績があります。テレビのCMで見かけたこともあるのではないでしょうか?

機能性表示食品としては、伝統にんにく卵黄やイチョウリーフ、美容商品には、にんにく卵黄で使われていない卵白を元に開発した石鹸・クレンジングジェル・角質ケアなどがあります。

こだわりの食品は、毎日安心して使うことができる雑穀米、鹿児島の特産 黒豚を使った加工品、黒酢、だしが簡単にとれるだしパックなどの調味料も取り揃えています。

水素を手軽に飲みやすいようにアルミパウチで密封した水素水など、日ごろから健康に関心が高い方に向けたこだわりの商品を通信販売しています。

さらに、にんにくを生産している農場がある宮崎県小林市では、健康家族の「にんにく王」をふるさと納税の返礼品として扱っていますよ。

 

健康家族のこだわりとは?

食材からなぜ?そこまでこだわるのかというと健康家族は、口に入れるものを安心して摂って欲しいから。 ガーリックバイタリティも、使われているにんにくは有機JAS認定された「にんにく王」という名称の品種を100%使っています。

その品種は、2003年から自社農場を立ち上げた所から始まります。無農薬栽培でにんにくを育ているのは今までなかったことで、土づくりから時間をかけて準備を行い、1つ1つ人の手を使って植えいく。そこから大変なのは生えてくる雑草。無農薬なのでそれを毎日人が取り除いていく。

そうやって手間をかけて育て上げたにんにくは、安心してそのまま食べれます。

さらに他の健康食品会社では行ってない、実際に愛用されている方に農場で毎年行われる「にんにく植付祭」「にんにく収穫祭」に参加していただき、お客様が飲んでいるものが、どんな風に出来ているのか?実際に見ていただく機会を作ってます。

それだけ時間をかけたにんにくに対する自信と愛用していただける信頼関係を築きあげていく。

そして収穫したにんにくの品質をチェックして、国際的なHACCPという衛生管理システムを摂りいれた工場にて生産しています。
また直接口に入れるベジキャップという植物性のカプセルも医薬品を製造する際にも使われているGMP基準という品質検査を行っています。

それが健康家族としてのポリシーとして公式サイトにもかかれている「大地の恵みに真心をのせて」
「不器用でも信頼のおける会社でありたい」その言葉通りに愛用者や地域と一緒により良いモノづくりをされています。

これからもにんにくを育てる、にんにくを使った健康補助食品を生産するだけでなく、にんにくが持つ新たなパワーを解明しようと2011年に、にんにく総合研究所を開設し様々な研究やデータの分析を産学共同で行っています。

 

そんな健康家族が新たに開発したガーリックバイタリティは、素材はもちろんのこと飲む人のタイプに合わせて4種類用意されていますよ。